2014年02月03日

ダイエットサプリメントにはアミノ酸がいいの?

ダイエットを手助けするサプリメントはたくさんありますよね。
その中のアミノ酸サプリメントに今回は注目してみました。

ダイエットにアミノ酸がいいという理由なんだけど
ズバリ、アミノ酸には脂肪を燃焼しやすくする働きがあるからなんですよー。
だから、アミノサプリメントはダイエットしている人におすすめなんです。

しかし、わざわざサプリメントを飲まなくてもアミノ酸は食事で摂ることができます。
アミノ酸を含む食事はたくさんあって、主食になるお米やパン、パスタにもアミノ酸は含まれています。
しかしそれぞれアミノ酸の含まれている量が違います。

お米、パン、パスタの中でみると、アミノ酸の量が一番多いのがお米になるんです。
パンやパスタは主に小麦が原料ですよね。そもそも小麦に含まれているアミノ酸の量はお米に比べると少ないのです。
しかし、アミノ酸が多く含まれている食べ物に比べると、アミノ酸の量は少ないです。

アミノ酸が多く含まれている代表的な食べ物は大豆製品や魚、肉が挙げられるけど
食事でアミノ酸を摂ろうとすると、やはりバランスよく摂り入れないといけません。
いろいろと食材を買い揃える必要がありますし、
アミノ酸を多く含みダイエットに適している料理方法で料理する必要がありますよね。

私が思うに、やっぱり効率よくアミノ酸を摂ろうという考えからアミノ酸サプリメントがあるのだと思います。
上手にアミノ酸を摂る事ができない人用にサプリメントがあるのではないかと☆
特に外食が多くて食事制限できないとか、忙しくて買い物や料理もままならない人とか。。。

また、こんな考えもありました。
食事でアミノ酸を摂取するのもいいけど、消化に時間がかかり、
いろんな栄養をそれぞれ吸収するにも時間がかかる。
サプリメントだとその消化とかの時間が短縮されて、ダイレクトに栄養が吸収されやすいと。
サプリメントで摂取したほうが効率がいいといった意見もありました!

でも、サプリメントに頼る場合はできるだけ、添加物が入っていないものがいいですよね(^_^;)

アミノ酸サプリメントだけ飲んでいたら痩せられるの??って
思う人もいるかもしれませんよね。
私だったらアミノ酸が脂肪燃焼してくれるなら、何もしないでアミノ酸サプリメント飲んでダイエットできるのか!って期待しちゃいます。

しかし、この考えって甘いようです(^_^;)
最初にも話したように、アミノ酸は脂肪燃焼させやすくするお手伝いをしてくれるので、
やはり適度な運動が必要なようです。
何もせずに痩せるというよりは、いつもと同じ運動量をしたときに
アミノ酸を摂っていれば消費エネルギーがUPされるといった感じみたいです。

ダイエットってそもそも何?

なんか一年中ダイエットブームな感じ?
いつはじめるの今でしょ。。。(あれ?ちょっと古い(笑))
的な感じで、ダイエットしたいと思ったら、いつでもOK的な感じ。

そもそもダイエットっていう言葉は英語なの?それとも和製英語なの?
ウィキペディアによると、ダイエットって英語のdietの読み方が由来。
で、意味が肥満防止とか肥満から脱却!のためにどうやったらいいのかって、
食事で解消しようとすることなんだって。
元々の意味がそうらしいけど、日本では食事だけでなく運動も含まれているってある。

アメリカではどうなんだろうか、ダイエットと言ったらやっぱり主に食事療法の事をいうのだろうか。。。
アメリカの人って、多いな人が多いし食べ物も豪快だし、やっぱりダイエットと言ったら
運動より食事制限から始めるのがメジャーなのかしら??

そして、ウィキペディアを読んでへー(∵`)そうなの!!って驚いた事がこれ。
ダイエットって、肥満解消だけでなく痩せ過ぎている人が健康な体にもどすことも
ダイエットって言うんですって!!

びっくりです。ダイエットといえば、太らないようにするってことだけかと思っていた。
ダイエットの元々の意味には食事で健康な体にするって言う意味も含まれるみたいだから
痩せ過ぎの人が食事で正常な体に戻っていくとこも、ダイエットに含まれるんですって。

でも、今の世の中太り過ぎを気にする人が多いから
ダイエット=痩せる って認識になっているみたいね。

ダイエットって言う意味調べてよかった。
なんかすごい事知った感じ。

健康な体を目指すなら、やっぱり毎日口にする食事からってことなのかなー。
太る原因ってやっぱり食べ物なんだろうし。。。
体にいい食事をとっていれば、太ることもないだろうしなー。

あーでも、グルメ番組多すぎるし、コンビニスイーツはどんどん進化していくし、
誘惑が多すぎませんかー。
ダイエットに必要なものはもう一つ。。。
「誘惑に負けない強い心」ですよね(^_^;)

2014年01月25日

腸内環境を整えよう

酵素ジュースを摂取することで腸内環境を整えることができます。
腸内環境が悪いといろんな病気を引き起こしてしまう可能性があります。
例えば大腸の病気や高血圧、糖尿病、動脈硬化など生活習慣病の危険性があります。
このような恐ろしい病気にならないためにも腸内環境を整えるようにしましょう。
腸内環境を整えるのに酵素ジュースがオススメです。
酵素ジュースと聞くとダイエット効果をいうイメージがあると思いますが腸内環境を
整えるこうかも酵素ジュースにはあります。
酵素ジュースを摂取して新陳代謝をあげ腸内の老廃物がスムーズに体外に排出せれ
便秘も解消されるようになります。
こうすることによって腸内の善玉菌と悪玉菌のバランスが良くなり腸内環境も整えられる
というわけなのです。
またこういったことから免疫力も高まり病気になりにくい身体を作ることができます。
こうした効果から腸内環境もよくなりいろいろな病気の予防にもなりダイエット効果も期待
できると身体にうれしいことだらけなのです。

2013年12月11日

骨盤の歪みと言う事をよく聞くと思います。

骨盤が歪みと言うのは様々な不調を伴うものです。例えば「肩こり・坐骨神経痛・頭痛・めまい・生理不順・自律神経失調症」などなどまだほかにも太りやすい、お腹がぽっこり出る・痩せにくくなる…等の病名はつかなくても体型が変わってしまうことにもなりかねません。

出産後と言うのはこの骨盤の歪みが起こりやすいものです。そして産後に起こると俗にいう「産後太り」を引き起こしてしまうことになってしまいます。
産後になかなか体重が戻らないという方は骨盤の歪みを疑ってみてはいかがでしょう。骨盤の歪みからきているのであれば体型を元に戻す為には、産後は骨盤矯正をしましょう。
整体などに通うことがなかなか難しいのが産後の時期です。
そこで「補正下着」です。

補正下着のなかでも《ガードルタイプ》がおすすめです。
ガードルタイプはウェストからお尻、腿の辺りまでを補正するものになっています。この補整下着を着用することで骨盤辺りもサポートし矯正されます。
骨盤が正位置に戻ると内臓も正しい位置になります。体も太りにくい体になりますから今まで様な体重との戦いから解放されることでしょう。

「補整下着」=女性用と言うイメージがあると思います。

なんと男性用の補整下着もあるのです。
ルックスと言うのは女性でも男性でもやはり大切です。人の第一印象と言うのは今後のお付き合いにも影響するものです。おやま~と思うようなスタイルよりも中年だからこそポッコリお腹でない男性は自己管理もできているようで魅力的です。
また男性用補整下着はメタボリックシンドロームの対策としても使われています。
男性用の補正下着を着用することで
・見た目が良くなる
・骨盤位置の矯正
・スタイルや体型の矯正
・メンタルな部分への働きかけ
などが挙げられ、メンタル面への働きかけと言うのは男性用下着はやる気も出てくると言う事なのです。。
男性用下着へは有名ブランドなども、相次いで新しくリリースしています。男性用の補正下着には
ガードルタイプのものがあり腿からウェスト、お腹の辺りをちゃんとサポートしてくれます。この下着を着用することでこれらの部分がスッキリみえます。

「補正下着」は手に入りやすい価格になったとはいえ高価な商品です。そして直接肌につける下着ですから傷みやすいものです。
補整下着は毎日継続して着用して効果が表れるものですから着用しなければ意味がありません。
傷みやすいからと言って大事にしまっているのは本当にタンスの肥やしです。
使用したら正しいお手入れをしましょう。

正しいお手入れ方法と言うのは「手洗い」になります。いくらネットに入れても洗濯機で洗ってしまうと型崩れをしてしまいます。

またせっかくの補整下着の効果も薄れていってしまいます。


洗面器などにおしゃれ用の洗剤を規定量いれ溶かし補整下着を入れて押し洗いをします。そしてしっかりと濯ぎましょう。濯ぎは重要です。洗剤が残っていると黄ばみになったりします。
洗い終わったら、バスタオルなどにはさんで水分を取りましょう。形を整えて風通しの良いところで日陰干しにしましょう。
脱水機を使うと型崩れの原因となりますから使用は控えましょう。

バストアップ方法解説のhttp://www.xn--q9j1fucwbxa0czcw328bcu8a93oqv3b.net/も参照。

2013年08月28日

肥満とは、脂肪が体内に過剰に蓄積された状態をいいます。


脂肪は普通エネルギーとなって消えてゆくのですが、必要とするエネルギー以上の栄養を摂るとそれが脂肪となって蓄積されてしまうのです。

若いころは運動量も多く、成長もしているのでかなりのエネルギーを必要としたのですが、加齢ととも成長も止まり運動もしなくて必要エネルギーは減少しているのに、食べる量は減らないという生活習慣から肥満に陥ってしまうのです。そしてメタボリックシンドロームの警告を受けるに至ってしまいます。

肥満のメカニズムの学説は他にもありますが、食べた物がどう変化して蓄積され肥満となるかというものです。体が必要としている適量を食べて普通に排泄していれば、肥満になることはないということです。
ところが、そうはいかないのが人間なのでダイエットをすることになるのです。

基礎代謝をあげれば生きているだけに使うエネルギー量が増えるので、下がってきている基礎代謝率をあげるようにしなくてはいけません。それには食事やサプリメントでビタミン群やアミノ酸を補うことが大切です。

ハーブダイエット

ダイエットにはハーブダイエットというものがあります。ハーブをお茶にしてハーブティーとして飲んだり、サプリメントを摂取してダイエットをする方法のことです。

ハーブはお茶やお菓子やアロマテラピーなどで多く使われていますが、ヨーロッパでは昔から医薬品として扱っていました。ハーブの種類はたくさんあり、それぞれ様々な効能があります。

「フェンネル」はむくみを取ったり、肥満を改善し肌をきれいにする効果があると言われます。ちなみにフェンネルは古代ギリシャ語で「痩せる」という意味です。
「レモングラス」は消化を促進し胃腸を整える効能。
「ラズベリー」には脂肪を燃焼させる効能。
「コリアンダー」は血行をよくして、体内の毒素を排出する。

ご自分の庭でハーブを栽培しているという方にはハーブティーをオススメします。
入れ方は普通のお茶と同じです。
フレッシュハーブでもドライハーブでもいいのですが、ハーブには毒性の強いものや薬用効果の高いものがありますので、ハーブについて十分に調べてから使った方がよいでしょう。ハーブについてはインターネットなどで調べられます。

ハーブティーは気長に飲んで体質改善をすることで、ダイエットに成功するという感じでしょうか、健康のために続けられる方が多いのではないかと思います。

一方ハーブサプリがダイエットに効果があるかどうかですが、個人差はありますが効果があったという人もいます。ただコスト的には誰もが長く続けられる価格ではないようです。

酵素ダイエットも根強い人気がありますね。

酵素ダイエット方法

サプリメントは食品です。

日本では「栄養補助食品」として売られています。
あくまでも補助だということを忘れず、主になる毎日の食事はちゃんといただきましょう。

サプリメントにも色々あるように、肥満の原因もさまざまです。自分の食生活や嗜好をよく分析したうえでダイエットサプリを選ぶことが大切です。
甘いものが大好きで肥満になった人が油分の吸収を抑えるキトサン配合のサプリは効果ありません、ギムネマやキトサンが配合されたサプリを選んでください。
商品は「カロリミット」「メタバリア」「スーパーサラシア」などです。

そして脂っこい食事にかたよって太ってしまった人は燃焼系のサプリがよいでしょう。
食べる前に摂る「デラブラ」や肉が好きな人に多い便秘を解消する「カイテキオリゴ」などです。

また太りにくい体質へと改善するサプリ「カメヤマ酵母」は食べ物を分解する酵素の分泌を促し、体に余分な脂肪や糖質をついてしまうのを防ぎます。酵母を飲むことで、糖質や脂質を分解してアミノ酸やクエン酸に変えて吸収します。こうして太りにくい体質へと導いてくれます。

サプリを摂っているからどれだけ食べてもいいとか

今やサプリメントブームといっていいほど、毎日のようにテレビや新聞、雑誌で見ない日はないというほどです。高齢の有名タレントが宣伝していると私もあんなふうに若くいられるのかしらと思ったり、お試し期間なら無料ですなどと聞くとつい心が動いてしまします。

無料サンプルなどを取り寄せてみても、少ない量では効果を実感することもできませんが、自分に合うかどうかはわかるのではないでしょうか。
サプリを摂ることで、ダイエットに励みができるかもしれません。折角サプリを買ったんだから、運動をしようと気になるかもしれません。
気休めでも、自分が効果ありと思ったら続けてみるといいです。

ただし、サプリを摂っているからどれだけ食べてもいいとか、何を食べても大丈夫という考えはよくありません。あくまでもサプリは補助食品です。そして過剰摂取は厳禁です。健康や美容に悪影響を与えたり、痩せるつもりが逆に太り体質になってしまうこともあります。

炭水化物

最近ではダイエットの敵のように扱われる炭水化物、どうしてそんなに嫌われるのでしょう。
炭水化物にはお米、パン、ラーメン、うどん、パスタなど私たちが大好きな物ばかりです。
炭水化物は体内で糖質に変化するので、エネルギー源ではあるけれど食べ過ぎると肥満の原因となってしまうのです。

ラーメン屋さんでは「ラーメン、ライス」というのが定食になっています。パスタにパンという組み合わせもあります。これでは太りますね。しかも油分も多そうです。

けれど、炭水化物が欠乏すると具合の悪いこともたくさんあります。
細胞の活動に必要なエネルギーの供給、特に脳の神経細胞の働きにはとても大切な栄養素です。
また体内で重要な働きを担うアミノ酸やタンパク質の生合成に重要な役割をもっています。

炭水化物が変化した糖分が欠乏すると肝機能が衰え、口内炎や肌荒れの原因ともなります。だから、ダイエット中でも炭水化物や糖質は1日に100g以上は必要だと言われています。

炭水化物に限らずバランスのよい食事が基本です。でもカロリーの取りすぎはもちろんダメです。
ヘルシーなものを食事に組み込んでいけたらいいですね。
豆腐・納豆・きのこ類などなど。あと蟹もヘルシーでカロリー低いので冬にはいいです。


ご飯は雑穀米をブレンドしたり、玄米にするなど工夫次第で血糖値を抑えることができます。食物繊維の多い野菜やキノコ類を炊き込んでもいいですね。

雑穀米.com・・・http://www.zakkokumai.com/

そして食事時には、なるべく炭水化物は後回しにすることです。野菜を先に食べることで、食後血糖値の上昇を抑えられます。

それでも炭水化物は摂り過ぎになる日本の食文化です。後は糖質をカットするサプリメントで補いましょう。